AirPods ProをiPhoneやiPadなどの複数デバイスで一発で切り替える方法

こんにちは、AirPods Proユーザのモリタです。

iPhone、iPad、Macなど複数のAppleデバイスでAirPods(Pro)を利用されている方は、AirPods Proを各デバイスで切り替えるのがちょっとした手間に感じると思います。

今回は「AirPods Proを一発接続できるショートカット」の追加手順をご紹介します。

2020年9月追記:iOS14アップデートにより自動切替が可能に

2020年9月のiOS14アップデートによってAirPods Proの「自動切り替え」が公式にサポートされるようになりました。

iPhoneやiPadなどの複数デバイスで「自動切り替え」が利用できる前提条件と必要な環境は下記の通りです。

AirPods Pro自動切り替えの前提条件

  • AirPods Proが最新のファームウェア(3A283)にアップデートされている
  • 自動切替をするデバイス(iPhone等)に最新のOS(iOS14以上)がインストールされている
  • 自動切替をする端末で同じApple ID(iCloud ID)でログインしている

AirPods Proのファームウェアのアップデート方法など、詳しくは下記のベージでご紹介していますので、合わせて参考にしてください。

>>>参考:【神アップデート】AirPods Proの複数デバイス自動切り替えが追加【iOS14】【iPhone・iPad】

 

なお、別のApple ID(iCloud ID)への切り替えは、従来通り手動もしくはショートカットによる切り替えが必要です。

本記事では、まだiOS14未満のiPhoneや、別のApple IDデバイスへの切り替えが便利になる手順をご紹介していますので、是非参考にしてください。

目次

AirPods ProをiPhone/iPadなどの複数端末で一発で切り替える

AirPods Proの通常の切替方法は、使用したいデバイスで「設定」画面の「Bluetooth」から「AirPods Pro」を選択する必要があります。

合わせて3クリックの操作が必要です。

設定>Bluetooth>AirPods Proの接続

 

3クリックで切り替えてもいいのですが、長い目で見ると毎回この手順を踏むのは面倒に感じます。

今回ご紹介するAirPods Proの便利な接続切り替えができれば、通常3クリック必要だった操作が1クリックでできるようになり時間の節約になります。

また、この手順はiPhoneとiPadのどちらでも適用できるため複数デバイスで瞬時に接続切り替えが可能になります。

コツは切り替え用の専用ショートカットを作ることですが、作り方に少しコツがいりますのでこの記事では具体的な作成手順をご紹介していきます。

 

複数のiPhoneとiPadをお持ちの方は、それぞれの端末で設定しておきましょう。

では早速手順を確認していきます。

合わせて読みたい

みなさんはAirPods Proのアクセサリーをお持ちでしょうか?この記事では、AirPods Proユーザなら必ず揃えたいおすすめのアクセサリーを4つご紹介します。この記事でご紹介するアクセサリー ケースカバ[…]

AirPods Proを一発で切り替えるiPhone/iPadのショートカット作成手順

ショートカットアイコンを選択

早速AirPods Proを一発で切り替えるためのショートカットアイコンをiPhoneまたはiPadで作成していきます。

まずはデフォルトで入っている「ショートカット」アイコンをクリックします。

ショートカットをクリック

マイショートカットから「ギャラリー」を選択

マイショートカットが開いたら、右下のギャラリーをクリックします。

右下のギャラリーをクリック

「必須ショートカット」から「オーディオ出力を設定」を選択

マイショートカットからギャラリーを開くと、必須ショートカット、朝の日課、クイックショートカットなどのメニューが開きます。

必須ショートカットが開く

 

 

必須ショートカットの中から、「オーディオ出力を設定」を選択します。

オーディオ出力を設定をクリック

 

次を実行した時で「AirPods Proを接続」など任意の名称を設定

「オーディオ出力を設定」を開くと、ショートカットアイコンの作成画面に移行します。

こちらで設定した名称がショートカット名になりますので、「AirPods Pro接続」などわかりやすい任意の名称を設定します。

「AirPods Pro接続」などわかりやすい名称を入力したら、下の「ショートカット追加」を選択します。

※注意点:「ショートカットを追加」を選択する前に、事前にAirPods Proを端末に接続しておいてください

AirPods Pro接続と入力

 

「このショートカットを構成」の画面からAirPods Proを選択

「このショートカットを構成」から、デバイスを選択してAirPods Proを選択します。

AirPods Proを選択

 

 

デバイスから「AirPods Pro」を選択

デバイスの中からAirPods Proを選択します。

ショートカットを追加する前にAirPods Proを接続していないと、デバイスの中にAirPods Proが出てきませんので注意してください。

AirPods Proが選べない時は、1つ前の手順に戻りAirPods Proを接続してから再度デバイスを選択してください。

○○のAirPods Proを選択

デバイスの設定ができたら「完了」をクリック

デバイスからAirPods Proを選択できたら完了を選択します。これでショートカットが追加されます。

完了を選択

マイショートカットに追加されましたと出る

 

ウィジェットにAirPods Pro接続が追加される

以上でショートカットの準備は完了しました。

ホーム画面から左にスライドしてウィジェットを開くと「AirPods Pro接続」が追加されていることが確認できます。

ウィジェットにAirPods Pro接続が追加される

 

「AirPods Pro接続」ショートカットをホーム画面に追加する(複数追加可能)

ここまでの手順でマイショートカットに「AirPods Pro接続」が追加されました。

ホーム画面を左にスワイプして「ウィジェット」から「AirPods Pro接続」のショートカットを選択すると、iPhoneもしくはiPadにAirPods Proを接続することができます。

ただ、こちらのウィジェットからの手順だと、2回の操作が必要になります。

1.ウィジェットを開く

2.AirPods Proを接続

 

これでもいいのですが、今回は一発でAirPods Proを接続することを目的にしていますので、更に簡単な方法をご紹介します。

その簡単な方法とは、ホーム画面に「AirPods Pro接続」アイコンを追加することです。

「AirPods Pro接続」アイコンをホーム画面に追加しておくことにより、iPhoneやiPadなどのデバイスに一発でAirPods Proを接続することが可能になります。

 

マイショートカットを選択

再びマイショートカットの画面に戻ります。左下のマイショートカットを選択します。

マイショートカットをクリック

「AirPods Pro接続」を長押しする

マイショートカットから、先ほど作成した「AirPods Pro接続」を長押しします。

AirPods Pro接続を長押し

AirPods Pro接続ショートカットの「詳細」を選択

AirPods Pro接続ショートカットを長押しするとオプション選択画面が開きますので、その中から「詳細」を選択します。

詳細をクリック

 

AirPods Pro接続アイコンをホーム画面に追加を選択

詳細からAirPods Pro接続アイコンの下にある「ホーム画面に追加」を選択します。

ホーム画面に追加

「追加」を選択するとホーム画面に「AirPods Pro接続」のアイコンが作成される

右上に「追加」の文字が現れますので、選択します。

これでAirPods Pro接続アイコンがホーム画面に作成されます。

追加をクリック

 

「ホーム画面に追加されました」が表示される

 

アイコンを複数作り、複数ホーム画面に設置しておくと便利

iPhoneやiPadのホーム画面が複数に渡る場合、ホーム画面数分「AirPods Pro接続アイコン」を作成しておくと便利です。

複数のアイコンが欲しい際は、さきほどの「ホーム画面に追加」の手順で何度でも繰り返して追加することが可能です。

必要なアイコン数を繰り返し追加可能

AirPods Pro接続アイコンが複数できたら必要なホーム画面に移動する

「AirPods Pro接続」アイコンが複数できましたので、必要なホーム画面にそれぞれ移動して配備しておきます。

こうすることにより、どのホーム画面からも一発でAirPods Proに切り替えることができるようになるので便利です。

AirPods Pro接続アイコンをホーム画面に配備

 

MacにAirPods Proを一発でペアリングする方法

iPhoneとiPadでAirPods Proのショートカットを作り一瞬でペアリングすることができるようになったと思います。

最後にMacにAirPods Proを最短で接続する方法も確認しておきましょう。

MacにAirPods Proを最短でペアリングするためには、MacのメニューバーにBlutoothのアイコンを表示させておく方法が一番おすすめです。

MacのメニューバーにBluetoothのアイコンを表示させる

まず、Macのメニューばの一番左上にあるリンゴマーク()から「システム環境設定」を選択してください。

システム環境設定からBlutoothを選択

システム環境設定が開いたら「Blutooth」を選択します。

メニューバーにBlutoothを表示にチェックを入れる

「メニューバーにBluetoothを表示する」にチェックを入れましょう。

これでメニューバーにBlutoothのアイコンが表示されました。

あとはAirPods Proを接続したい時にメニューバーのBlutoothアイコンから接続すれば、MacでもAirPods Proを一瞬でペアリングすることができます。

 

まとめ:AirPods Proを1クリックで一発切り替え

以上がAirPods ProをiPhoneやiPadなどの複数Appleデバイスで一発で切り替える方法です

ご紹介した設定をしていただければ、3クリック必要だった操作が1クリックに短縮できます。

「たったの2クリック短縮」となんとも地味なんですが、長い目で何度も実施することを考えると時間の節約になります。

ITの基本は塵も積もれば山となる作業を効率化することです。

こうしたことで精神的な負担も減りますので、是非この機会に設定して人生の時間を有効活用しましょう。

【最後に】AirPods Proで絶対に揃えたいアクセサリー

最後にAirPods Proのおすすめアクセサリーをご紹介します。

新しくAirPods Proを購入した方は、是非専用のアクセサリーも揃えましょう。

特に「専用ケースカバー・保護カバー」と「ダストガード」は必須のアクセサリーで、AirPods Proを買ったら早め(できれば当日)に装着したいアイテムです。

AirPods Proのおすすめアクセサリー

アクセサリーオススメ度
専用ケースカバー・保護カバー絶対に欲しい!!
ダストガード絶対に欲しい!!
ワイヤレス充電器あると便利。
スキンシール独自性を出したい方におすすめ。

 

AirPods Proにおすすめのアクセサリーは、別の記事で素材別に分けて詳しく解説していますので、合わせて参考にしてください。

実際に私が購入した中でおすすめできるアイテムや、前世代のAirPodsでも使用してきた経験も踏まえて、本当におすすめできるアクセサリーをピックアップしました。

>>>オススメ記事:AirPods Proのおすすめアクセサリー【素材別に徹底解剖】

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

最新情報をチェックしよう!