【おすすめ】ITエンジニアの転職3回で役立った転職サイトと転職エージェント【未経験可】

私は20代後半でITエンジニアに未経験からチャレンジし、これまでIT業界で3回の転職を経験してきました。

初めは誰でもできそうな運用系の仕事から始めましたが、効果的に転職カードを活用できたおかげ徐々に希望の仕事ができるようになり、年収も最初の4年間で400万円上げるすることに成功しました。

短い時間で希望の仕事をできるまでには自分の力だけでは難しく、その過程で転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントからもらうプロのアドバイスを生かせたことも大きかったと思います。

私自身、エンジニアとしてのスタートが早くなかった分、1日も早いキャリアアップを目指して体当たりでチャレンジしてきました。

その中で「おすすめできる転職サイトと転職エージェント」がわかってきましたのでこちらでご紹介します。

転職サイトと転職エージェントについて

転職サイトと転職エージェントは、そもそもビジネスモデルが全く異なるサービスです。

口コミサイトも含めて転職支援サービスの種類をみていきましょう。

転職サイトとは

転職サイトとは、サイトに掲載されている求人広告から好みの求人を自分で探して、応募から面接まで1人で進めていく転職支援サービスです。

リクナビNEXT』や『doda』が有名です。

転職サイトのメリットは、大量の求人の中から自分の条件(職種・勤務地・給与など)を選択して検索することができるところです。

デメリットは、基本的には全てひとりで求職活動をしなければいけない点です。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、専門のキャリアコンサルタントやアドバイザーが、私たち転職希望者と企業を直接マッチングしてくれる転職支援サービスです。

マイナビIT AGENT(マイナビエージェント×IT)』や『リクルートエージェント』や『JACリクルートメント』が有名です。

転職エージェントのメリットは、求人の質が高く、応募から面接まで一気通貫してキャリアコンサルタントが私たちを支援してくれるところです。

デメリットは、お金目当ての「仕分け型エージェント」に当たってしまうと、強く断らない限り不本意な(キャリアアップできない・給与が上がらないなど)転職をさせられてしまう危険性がある点です。

口コミサイトとは

口コミサイトは、実際にその会社に勤めている人や、過去に勤めていた人の生の声が投稿されているサイトです。

OpenWork(旧Vorkers)』と、『転職会議』が有名です。

メリットは、気になる会社に勤めていた元従業員のリアルな口コミを見ることができるところです。

デメリットは、基本的に口コミサイトはマイナスイメージの評判が多く、必要以上にネガティブなイメージを植え付けられてしまうことがある点です。

「あの企業もダメ」、「この企業もよくない」といったネガティブな捉え方をせずに、投稿した人の個人的な意見として参考にできる部分を客観的にみていきましょう。

転職サイトと転職エージェントの違いとは

転職サイトと、転職エージェントではビジネスモデルが異なります。そのため、私たち転職希望者に提供されるサービスも全然違います。

主に5つの違いがあり、当ブログでは実際の求人には「転職エージェント」経由で応募することを推奨しています。

転職サイトとエージェント【5つの違い】

ポイント転職エージェント転職サイト
①求人の質厳選されているブラック企業も多く含まれる
②求人の探し方紹介してもらえる自分で探す
③企業情報の収集内部情報も教えてもらえる公開情報からしかわからない
④応募書類の添削・面接対策サポートしてもらえる1人でやる
⑤日程調整・条件交渉代行してくれる1人でやる

なぜこんなに違いが生まれるのか?については下記の記事でご紹介しています。お時間のあるときに合わせて参考にしてください。

>>>関連記事:転職サイトよりも転職エージェントを使うべき5つの理由

転職サイトと転職エージェントと口コミサイトの正しい使い方

転職サイト、口コミサイト、転職エージェントといった主要となる転職支援サービスの正しい使い方をご紹介します。

転職支援サービスの正しい使い方

転職サイト

  • 求人の情報収集に利用する

口コミサイト

  • 気になる企業の情報収集に利用する

転職エージェント

  • 実際の転職活動で利用する!

転職サイトと口コミサイトを利用して事前に気になる企業の情報収集を行い、実際の応募は転職エージェント経由でしましょう。

転職エージェントから応募したほうが書類通過率も圧倒的に高いですし、そもそも企業側も本気で採用活動をしています。

特にホワイト企業に入りたい方は、必ず転職エージェントを使うべきです。

 

ちなみにブラック企業を事前に見抜くためには、こちらでご紹介した「転職サイト」、「口コミサイト」、「転職エージェント」以外にも、IR情報や就職四季報といった公開情報も使えます。

詳しくは下記の記事でご紹介していますので、合わせて参考にしてください。

>>>関連記事:IT業界のブラック企業を見抜く方法・見分け方【4選】【SE視点】

おすすめの転職サイト 1選

まずはおすすめの転職サイトをご紹介します。転職サイトはとにかく求人数の多さが重要です。

求人への実際の応募は転職エージェント経由でしますので、転職サイトは1社登録しておけば問題ありません。

①リクナビネクスト

基本的に転職サイトはリクルートが運営する『リクナビNEXT』を利用しておけば間違いありません。

先ほどもご説明した通り、あくまで実際の応募は転職エージェント経由で行いますので、「リクナビNEXT」では事前の情報収集として利用してみましょう。

リクナビNEXTは、求人数がダントツで多く、検索がしやすいところがおすすめの理由です。

同じリクルートが経営する「リクルートエージェント」との連携がされているところも便利なポイントです。

おすすめの転職エージェント 7選

続いておすすめの転職エージェントを7社ご紹介します。

キャリアコンサルタントとの相性もありますので、2〜3社を登録してくことをおすすめします。

>>>関連記事:転職エージェントは自分に合ったアドバイザーのタイプを探そう!【ITエンジニアの転職】

おすすめエージェント7社のサマリー 

エージェント名求人の傾向求人数年齢層特徴
①マイナビIT  AGENT日系大手企業やベンチャーに強い20代・30代
  • 初めての転職や、20代の転職におすすめ。
②リクルートエージェント
日系・外資、Web、ゲームなど、幅広い業界に対応20代〜40代
  • 業界最大手。
  • 圧倒的求人数で鉄板のエージェント
dodaエージェントリクルートエージェントと同じく幅広い業界に対応20代〜40代
  • 求人数はリクルートエージェントに次いで業界トップクラス。
  • 企業担当者と直接面会できるイベントを定期的に開催している。
④レバテックキャリア IT・Webに特化

クリエイターやデザイナー求人も多数

20代〜30代
  • IT業界専門のエージェント。
  • キャリアアドバイザーが時間をかけて丁寧にサポートしてくれる。
⑤JACリクルートメント管理職・スペシャリスト・外資などの高年収求人が多数30代〜50代
  • 年収500万円以上のミドル〜ハイクラス向けエージェント。
  • 中堅〜ベテランエンジニアに特にオススメ。
  • 45年の歴史で圧倒的な実績と利用者の満足度が高い、隠れた優良エージェント。
⑥type転職エージェント一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に特化20代〜30代
  • アドバイザーがキャリアについて親身にアドバイスしてくれるため、初心者にもおすすめ。
  • 女性に特化したtype女性の転職エージェントも展開している
⑦ビズリーチエクゼクティブ・管理職・スペシャリストなどの高年収求人に特化30代〜50代
  • 年収1,000万円以上のハイクラス求人数4万件以上と業界ダントツのトップ。
  • 利用者も有料のため、本気で年収を上げたい人ににおすすめ。

 

次に各社の特徴についてご紹介します。

転職経験3回の私が実際に利用した時の経験を踏まえて、各エージェントのおすすめできるポイントをご紹介します。

 

①マイナビIT  AGENT(マイナビエージェント×IT)

オススメ度
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/it
こんな人にオススメ20〜30代前半で転職活動は初めて!

マイナビIT  AGENTは、株式会社マイナビが運営する「IT・Web業界」への転職支援に特化したエージェントサービスです。

「20代に信頼される転職エージェントNo.1」と謳っているだけあり、利用者層は20代〜30代前半の若い方をメインターゲットとしています。

IT・Web業界に精通しているキャリアアドバイザーが多数在籍しており、手厚いサポートを受けることができるため、業界未経験の方や初めての転職の人も安心して利用できます。

また、日系の大手企業からスタートアップまで幅広い求人数を取り扱っていることや、転職支援期間に制限がないことから、確実に転職したい方におすすです。

求人情報の8割は非公開求人となっており、マイナビエージェントITが独占している求人もたくさんあります。

マイナビIT  AGENTは、未経験の方、第二新卒の方、20代から30代前半の方、はじめての転職の方に特におすすめです。

②リクルートエージェント

オススメ度
公式サイトhttps://www.r-agent.com
こんな人にオススメとにかくたくさんの求人をみてみたい!

リクルートエージェント』は日本で1番知名度の高い、業界最最大手の転職エージェントサービスです。

リクルートエージェントの特徴は、なんといっても圧倒的な求人数です。

IT業界にも強く非公開の求人も大量に保有していますので、たくさんの求人をみて選びたい方にはおすすめのエージェントサービスです。

取り扱う求人数も幅広いので、年齢、業界、経験年数を問わず全ての方におすすめできます

私もリクルートエージェントを利用して転職活動をしました。担当してくださったキャリアアドバイザーは、私の職種(インフラ・ネットワークエンジニア)を専門に対応している方で、キャリアアップの相談まで親身に乗ってくれました。

リクルートエージェントを実際に利用していた感想として、他のエージェントに比べ書類選考の合格率がよかったです。

担当してくださったキャリアアドバイザーが個別で推薦状を書いてくださっていましたので、その方のコンサルタントとしてのスキルが高かったのかもしれません。

書類審査が通った会社の中でも、相手の企業が自分に対してどれくらい興味を持っているかをレベルに分けて教えてくれたのもわかりやすかったポイントです。

③dodaのエージェント

オススメ度
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/
こんな人にオススメスピーディーで質の高いキャリアアドバイザーを探している!

dodaのエージェント』はリクルートエージェントに次いで求人数を多く保有しています。

私はITエンジニア3年目のときに、実際にdodaから年収100万円アップの転職に成功した経験があります。

キャリアアドバイザーはサバサバとした女性でしたが、私のキャリアや希望に対してかなり突っ込んで棚卸ししてくださりました。

転職エージェントに登録すると最初にキャリアアドバイザーと面談することになるのですが、私がなんとなくイメージで持っていた希望の転職先やキャリアにたいしてガンガン突っ込んできて思っていたことを言語化してくれました。

キャリアアドバイザーも転職のプロなので、経験の浅かった当時の私にはリードしてくれるタイプのエージェントがちょうどよかったのかもしれません。

dodaののエージェントは業界最大手のリクルートエージェントと並んで大量の求人数を保有していることもあり、年齢、業界、経験年数を問わず全ての方におすすめです。

登録はこちら【公式サイト】

④レバテックキャリア

オススメ度
公式サイトhttps://career.levtech.jp/
こんな人にオススメキャリアアドバイザーに丁寧なサポートをしてもらいたい!

レバテックキャリア IT・Webに特化したエージェントサービスです。ITに特化しているだけあり専門性の高いエンジニアから高い評価を得ています。

案件の質は高く、レバテックキャリア はでしか扱っていない非公開の独占求人も多数保有しています。また、非公開求人が公開求人の3倍もあるので、一度登録して非公開求人をみてみるのがおすすめです。

マイナビエージェントやリクルートエージェントに比べると知名度が高くない分、利用者が比較的に少なく、キャリアアドバイザーがゆっくりと時間をかけて一人ひとりに向き合ってくれるというメリットも評価されています。

転職エージェントはただ単に求人を紹介するだけでなく、面接対策、履歴書・職務経歴書対策、企業情報、現在所属している企業との退職の調整など、サービスが多岐に渡り、流れ作業ではできない仕事です。

エンジニアにとって売り手市場の昨今、キャリアアドバイザーが相対的にたくさんの求職者を抱えている他の超大手エージェントよりも、丁寧にサポートしてくれることは大きなメリットとなります。

面接対策、職務経歴書対策、キャリアプランなど、キャリアアドバイザーに丁寧にサポートしてもらいながら転職活動をしたい方におすすめの転職エージェントです。

登録はこちら【公式サイト】

⑤JACリクルートメント

オススメ度
公式サイトhttp://www.jac-recruitment.jp/
こんな人にオススメ年収アップしたい!!

JACリクルートメント』は、45年の歴史と確かな実績をもつミドル〜ハイクラス向けの転職エージェントサービスです。

ハイクラス向けのエージェントサービスということもあり、求職者のターゲットは主に30歳以上となっており、45歳以上の転職実績も豊富です。

求人は外資系や日系大手が中心なのでキャリアアップや年収アップにつながりやすいです。

ハイクラス向けといっても年収500万円以上を目指す方が対象のため、目安として現職の年収が400万円を超えたら利用したいエージェントです。

企業ごとに専門の担当者がついていることもあり、会社の詳細な情報まで知れる点が優れています。転職活動において「情報」こそが超重要ツールなので、この点に特化していることからも「JACリクルートメント」は外せない優良エージェントです。

JACリクルートメントは、年収交渉もしっかりしてくれますので、ぜひ給与面で評価をしてくれる会社を探してみましょう。年収アップを目指せば結果的にキャリアアップと直結します。

JACリクルートメント』は、年収・キャリアアップできる転職を推奨していることからもわかる超優良のエージェントサービスです

登録はこちら【公式サイト】

⑥type転職エージェント

オススメ度
公式サイトhttps://type.career-agent.jp/
こんな人にオススメ都内で転職したい!!

type転職エージェント』は、私が2度目の転職活動の際に利用していたエージェントサービスです。

キャリアアドバイザーは元エンジニアの方でしたが、私のキャリアと希望を聞いて「今転職するよりも、もう1〜2年このまま経験を積んだ方が結果的に転職市場で有利になる」というアドバイスをくれました。

実は「今すぐ無理に転職させようとしないエージェント」は信用できます。

type転職エージェントは「納得感のある転職を」を謳っているだけあり、適当な仕分け型のエージェントではありません。安心して利用していただいて大丈夫です。

type転職エージェント』は、一都三県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の求人に特化していますので、首都圏で転職したい方におすすめです。

登録はこちら【公式サイト】

⑦ビズリーチ

オススメ度
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
こんな人にオススメ年収アップしたい!!

ビズリーチ』もJACリクルートメントと同様に、高年収に絞った転職活動におすすめの転職サイト兼エージェントです。

「年収600万円以上の方に指示される転職サービスNo.1」と謳っているだけあり、主な取り扱いはハイクラス向けの転職エージェントです。

年収1,000万円以上の求人が約4万件もあり、全体の30%を占めています。

この4万件という数字は業界全体でみても非常に多い水準で、高年収案件に限れば業界最大手であるリクルートエージェントの約4倍もの件数になります。

 

ビズリーチの最大の特徴は、われわれ利用者にも会員料金が発生することです。

ビズリーチの利用料金

会員クラス利用料金備考
ハイクラス会員5,478円/30日(税込み)現在の年収が750万円以上の方が対象(※)
タレント会員3,278円/30日(税込み)現在の年収が750万円未満の方が対象(※)
無料プラン無料プラチナスカウトのみ閲覧・返信が可能

※以前は現在の年収が750万円以上がハイクラス会員、750万円未満がタレント会員と明記されていましたが、現在は「ビズリーチ独自の審査基準により決定される」と変更されています。

有料なので少しハードルが高く感じるかもしれませんが、それだけ求職者も企業側も本気と言うことなので、お互いにとっていい転職が期待できます。

ハイクラス求人を募集している企業から本気のスカウト(直接オファー)も届きますので、そのスカウトで自分の市場価値を知ることもできます。

無料会員の場合、通常のスカウトでは企業名まで閲覧できないといった制約はあるものの、スカウトを受けることは有料会員と同様に可能です。

いったん無料会員で登録してみて、サービスの質やスカウトの反応をみてから有料会員に切り替えるといった使い方もありです。

ビズリーチは、高年収(500万円〜)で確実に転職したい本気の人におすすめの転職エージェントです。

登録はこちら【公式サイト】

おすすめの口コミサイト 2選

続いてクチコミサイトのおすすめサービスをみていきましょう。クチコミサイトはとにかくクチコミ数の多さが重要です。

おすすめはOpenWork(旧Vorkers)と、転職会議で、クチコミサイトはこの2社を利用すれば間違いありません。

エージェント名特徴
①OpenWork(旧Vorkers)老舗口コミサイト。無料会員で1日100件の口コミを読むことが可能。
②転職会議リブセンスが運営する国内最大級の転職口コミサイト

 

①OpenWork(旧Vokers)

OpenWork』は口コミ数1000万件以上を誇る、国内最大規模の社員クチコミサイトです。

「ジョブマーケットに透明性を」をモットーに、働きがいやHRに役立つ情報を発信しています。

気になる企業の情報収集をする際は、まず口コミサイトのOpenWorkで検索してみましょう。

登録はこちら【公式サイト】

②転職会議

転職会議』は株式会社リブセンスが運営する業界2番目の口コミサイトです。

現社員や元社員から企業の評判や年収、面接対策などを口コミとして投稿がされており、その企業の求人や会社の様々な情報も合わせて掲載されています。

登録はこちら【公式サイト】

【おすすめ】年代別×タイプ別に選ぶ転職エージェント

続いてご紹介した転職エージェントが、具体的にどのようなかたに向いているかをご紹介します。

未経験におすすめ

未経験の方には、『マイナビIT  AGENT』と『レバテックキャリア』 がおすすめです。

どちらも未経験の方にも丁寧に対応してくれる転職エージェントなので、ITエンジニアに挑戦したい方は是非2社を登録して相性の良いキャリアコンサルタントの方と転職を頑張ってみてください。

また、20代で未経験の方でしたら、ITスクールで勉強してから就職支援をしてもらうのもおすすめしています。

インフラ・サーバ・ネットワークエンジニアの方が対象になりますが、別の記事でご紹介していますので合わせて参考にしてください。

>>>関連記事:【比較】未経験からインフラエンジニアになれる無料スクール3選【選び方解説します】

>>>関連記事:【おすすめ3選】未経験からインフラエンジニアになる方法を解説

20代におすすめ・初めての転職におすすめ

20代の若い方や、初めての転職の方には、『マイナビIT  AGENT』、『レバテックキャリア』 、『リクルートエージェント』がおすすめです。

また、若くて初めての転職という方には、特に「ブラック企業を見抜く力」を重視して磨いていただきたいです。

実力のある中堅やベテランはあまり仕事に口出しされなくなってきますが、若手の場合は上司や先輩からたくさんアドバイスを受けることになります。そんなときに、パワハラ企業・パワハラ上司だったら最悪ですよね。

ストレスで精神的に参ってしまうと、必要以上に自信を失って今後のキャリアに悪い影響を及ぼしてしまいますし、そもそも鬱病などになってしまうと後遺症として一生物の傷を負うことになります。

別の記事でブラック企業を見抜く具体的な方法について解説していますので合わせて参考にしてください。

>>>関連記事:IT業界のブラック企業を見抜く方法・見分け方【4選】【SE視点】

30代におすすめ

30代の方には、エキスパート(専門家)、マネジメント、外資など、高年収の求人を数多く取り扱っている『JACリクルートメント』と『ビズリーチ』がおすすめです。

キャリアも中堅になり、年収アップにこだわった転職をしていきたいです。

また、経験を積んだエンジニアの場合は、さらなる高年収を目指して「フリーランス」という選択肢も出てくると思います。

ある程度経験を積んだITエンジニアであれば、大手のフリーランス専用エージェントを経由することにより安定して仕事を受けることができますし、平均年収も「862万円」とサラリーマンエンジニアに比較して高水準です。

>>>関連記事:【徹底比較】会社員エンジニアとフリーランスエンジニアのメリット・デメリット

20〜50代、全年代にバランスよくおすすめ

20代から50代まで、全年代の方にバランスよくオススメできるのが『リクルートエージェント』と『dodaのエージェント』です。

求人の取り扱いも多いですし、東京以外の地方にも強いですし、サービスも安定していますので、迷ったらこの2社で問題ないです。

興味があれば、この2社と組み合わせて、お好みでもう1社登録して比較してみるのもありでしょう。

女性におすすめ

IT業界で活躍する女性が最近は増えていますね。

女性だからここがおすすめ、というのは特にないですが、「女性に特化している」、「手軽に使える」という観点から、『type女性の転職エージェント』と『マイナビIT  AGENT』がおすすめできます。

type転職エージェント』に登録してみて、『type女性の転職エージェント』と比較してみるのも良いでしょう。

ベンチャー・スタートアップへの転職におすすめ

ベンチャー企業への転職は、『ビズリーチ』と『マイナビIT  AGENT』がおすすめです。

「大手だけでは幅が広がらない」、「刺激的な新しいサービス開発に携わりたい」、「優秀な人と働きたい」という方にベンチャー・スタートアップ企業はおすすめです。

マイナビエージェントでは、スタートアップ専用の特集ページが用意されています。

ビズリーチはスタートアップ企業を支援する「ビズリーチ 創業者ファンド」をやっていることもあり、いけているスタートアップ企業とのコネクションに強みがあります。

Web業界への転職におすすめ

Web業界への転職には、『レバテックキャリア』 と『リクルートエージェント』がおすすめです。

特にレバテックキャリアはIT・Web業界に特化している転職エージェントなだけあり、提案力に定評があり、利用者からの評価も特に高いです。

レバテックキャリアは、特に首都圏、関西、福岡エリアに強いので、対象エリアの方は是非利用してみてください。

SIerとWeb業界の違いは、こちらの記事も参考にしてください。

>>>関連記事:SIerとWeb系の違いとは?SIerからWeb系への転職前に確認したいポイント【比較】

外資系&高収入の転職におすすめ

外資系&高年収企業への転職には、『JACリクルートメント』と『ビズリーチ』がおすすめです。

JACリクルートメントとビズリーチは高収入求人に特化していることもあり、外資系企業の紹介実績も数多く保有しています。

海外に比べると日本は物価が安いので、アメリカなどの現地採用になれば一気に高収入を目指すことができます。

米国株(とくにIT分野のグロース株)は、近年急激に上昇していますので、多くの外資系企業で用意されている自社株を段階的にもらえるRSUという制度もかなり魅力的です。

トマ・ピケティ氏の大ベストセラー「21世紀の資本論」で「r>g」という不等式が有名になりましたが、給料よりも株価の成長率の方が高くなっています。

当ブログでも将来の資産形成にエンジニアの方へ長期投資を推奨しています。

【関連記事】【早めの資産運用】エンジニアが今すぐ投資を始めるべき理由

まとめ

今回はIT業界で転職をする際に味方となる転職サイト、転職エージェント、口コミサイトの3つの転職支援サービスをご紹介しました。

おさらいとなりますが、転職サイトと口コミサイトは情報収集に利用し、求人への応募は転職エージェント経由で転職活動をしていきましょう。

最後に、今回ご紹介した転職支援サービスで、個人的におすすめできる会社をもう一度ご紹介します。

おすすめの転職支援サービス【IT業界】

転職サイト(※情報収集に利用、※転職活動はエージェントを推奨)

  1. リクナビNEXT

転職エージェント【厳選7社】

  1. マイナビIT AGENT(マイナビエージェント×IT)
  2. リクルートエージェント
  3. dodaのエージェント
  4. レバテックキャリア
  5. JACリクルートメント
  6. type転職エージェント
  7. ビズリーチ

口コミサイト(※情報収集に利用、※転職活動はエージェントを推奨)

  1. OpenWork(旧Vorkers)
  2. 転職会議

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

最新情報をチェックしよう!